愛媛大学法文学部同窓会情報サイトです。

HOME>同窓会について>理事会の報告>2014年度

2014年度

2014年度 第3回(通算第64回)理事会が下記の要領で開催されました。

理事会2015年2月13日

2014年度決算(暫定)報告および2015年度予算案の審議を行いました。
 
2014年度 第3回(通算第64回)理事会

日 時: 2015年2月13日(金)18:00~21:00
場 所: 愛媛大学校友会館2階サロン
出席者: 28名
 

    【内容】

  1. (1) 議長選出
  2. (2) 報告事項(質疑応答)
  3. (3) 審議事項(質疑応答)
  4. (4) 懇親会

 

【報告事項】

1.2014年度・法文学部同窓会提供講座「社会と人間」

8年目となる同窓会提供講座が2014年10/2(木)から1/22(木)まで15回にわたり開催されました。最終回には講義後、すし丸本店にて反省会・懇親会を行いました。

2.2015年度会報編集委員会スタート

2/9(月)第1回編集委員会(編集委員長=池川副会長)を開催しました。昨年度と同じ、A4判、32ページ(カラー16ページ、モノクロ16ページ)、9月発行の予定です。昨年、同封した会員名簿の調査票は約2,500通の返信がありました。

3. 支部活動・支部長会など報告と予定

 11/14(金) 支部長会議(16:30~ ピュアフル松山)
 11/14(金) 四国支部総会(18:00~ ピュアフル松山)
 4/18(土) 四国支部お花見会(すし丸本店)

4. 大学関係行事報告、会長会・校友会理事会予定

 11/8(土) ホームカミングディ 13:00~
 1/28(水) 会長会(19:00~ ワシントンホテル・ガスライト)
 3/24(火) 愛媛大学卒業式(10:00~ ひめぎんホール)
 4/6(月) 愛媛大学入学式(10:00~ ひめぎんホール)
 6/24(水) 会長会(19:00~ ワシントンホテル・ガスライト)

5. 2014年度決算(暫定)について

収入では、予想より入学生数が少なかったため予算に比べ21万円のマイナスになっています。支出では、会報発行経費において消費税率の変更と調査票の同封が、予算よりも経費を押し上げています。機器購入費や事務消耗品が少なく、予備費を使わなかったことによるマイナスを考慮しても、予算に比べて若干のオーバーで、目標の800万円は下回ることができませんでした。

6. 愛媛大学の学部再編について

内容がほぼ固まったようですので、松本先生にご報告頂きます。

 

【審議事項】

1.2015年度予算案について

収入は541万円程度が見込まれます。支出については、昨年度と比べて支部活動費の関東支部交付金が80万円(50周年)から40万円(例年)に、寄付科目が4コマから2コマに減るため30万円減になります。会報発行経費は印刷費・宅配送料を抑えることで、部数増分を相殺して300万円を切る予算にしました。全体としてはここ2年続いている800万円超から765万円に抑えた予算としました。しかし224万円の赤字です。

→  総会費用を追加して次回再提案します。

2. 2015年・第14回総会について(開催時期・場所など)

(三役案)

 日 時:2015(平成27)年11月28日(土)
   15:00 四国支部総会
   15:15 本部総会・講演会
  17:00 懇親会
 場 所:総会 法文学部大会議室
      懇親会 生協2F
     ※オプションとして章光堂、明教館の見学を企画するか?
 講 演:学部再編について(次期法文学部長 西村隆誉志教授)
 その他:四国支部との共催

→  見学の件を除いて承認されました。

3. 同窓会費・規約の見直しについて

学部再編の平成28年度から、同窓会費を2万円(現在1万円)に引き上げるよう見直したいと考えます。規約の見直しについては学部再編の最終決定を待って、6月の理事会で提案する予定です。

→ 承認されました。

4. 時期理事・三役の人選について

各学科で打合せをお願いします。(退任される理事および後任の確認)
現理事 法学科11名、経済学科13名、文学科12名

→  継続して検討します。





2014年度 第2回(通算第63回)理事会が下記の要領で開催されました。

 

2014年度 第2回(通算第63回)理事会

日 時: 2014年10月17日(金)18:00~21:00
場 所: 愛媛大学校友会館2階サロン
出席者: 29名
 

    【内容】

  1. (1) 議長選出
  2. (2) 報告事項(質疑応答)
  3. (3) 審議事項(質疑応答)
  4. (4) 懇親会

  

【報告事項】

1.第5回ホームカミングディについて

2.2014年度・法文学部同窓会提供講座「社会と人間」

8年目となる同窓会提供講座が10/2(木)から始まりました。

3. 2014年・第18号同窓会報発行(会報参照)

A4判、32ページ(カラー16ページ、モノクロ16ページ)で9月に発行しました。また、会員名簿の調査票を会報に同封しました。

4.支部活動・支部長会など報告と予定

 7/12(土) 東京章光会50周年総会 (14:00~ 大手町サンケイホール
 7/13(日) 関西にきたつ会総会 (11:00~ 梅田・ブリーゼプラザ)
 10/11(土)  広島支部総会 (11:30~ ホテルグランヴィア広島)
 11/14(金)  支部長会議 (16:30~ ピュアフル松山)
 11/14(金)  四国支部総会 (18:00~ ピュアフル松山)

5. 大学関係行事報告、会長会・校友会理事会予定

 6/25(水) 会長会(19:00~ ワシントンホテル・ガスライト)
 6/27(金) 校友会理事会(15:30~ 校友会館サロン)
 11/8(土) ホームカミングディ 13:00~
 1/28(水) 会長会(19:00~ ワシントンホテル・ガスライト)

6.愛媛大学の学部再編について

会報に掲載した内容から進展があれば、松本先生・加藤先生にお話し頂きます。

 

【審議事項】

1.2016年・第14回総会について(開催時期・場所など)

 (三役案)
  日 時:2016(平成27)年11月の土曜日
       15:00頃~ 総会・講演会、17:00頃~ 懇親会
  場 所:①愛媛大学内(総会・懇親会とも)
      ②総会 章光堂、懇親会 市内 or 道後
  講 演:学部再編について(法文学部長)

→  三役で検討して次回理事会に諮ります。

2. 時期理事・三役の人選について

各学科で打合せをお願いします。(退任される理事の方の確認)
現理事 法学科11名、経済学科13名、文学科12名

→  継続して検討します 。

3.学部再編に対応した同窓会の今後について

現段階では学部の再編がまだ確定していませんので、自由に討議したいと思います。

■新学部の同窓会設立までの受け皿として、引き受ける準備をしておくかどうか。
■会費の値上げについて
■名称・規約の変更

→  継続して検討します 。





2014年度 第1回(通算第62回)理事会が下記の要領で開催されました。

 
 

2014年度 第1回(通算第62回 )理事会

日 時: 2014年6月13日(金)18:00~21:00
場 所: すし丸 本店
出席者: 30名
 

【報告事項】

1. 2014年度・法文学部同窓会提供講座「社会と人間」

2. 2014年度会報編集委員会

3. 法文学部 卒業・入学者数

【2014年3月末 卒業生】
  総合政策学科  男150名  女198名  計348名
  人文学科    男58名   女139名  計197名
  総計     男208名  女337名  計545名
 

 

【2014年4月 新入生】
  総合政策学科  昼間主295名  夜間主80名  計375名 
  人文学科    昼間主136名  夜間主61名  計197名
  総計    昼間主431名  夜間主141名  計572名
 

4.支部活動・会長会など報告と予定

5. 大学関係行事報告、会長会・校友会理事会予定

6. 愛媛大学の学部再編について

大学内で進んでいる学部の再編について、松本先生・加藤先生にお話し頂きました。

 

【審議事項】

1. 2015年度法文学部同窓会寄付科目・提供講座の開講について

→ 承認されました。

2.2013年度決算報告および承認

(1)収入564万2,598円(昨年590万9,752円、予算555万円)に対し、支出801万3,872円(昨年886万200円、予算772万4,300円)となり、237万1,274円の赤字となっています。例年のように、学部との連携・交流、支部活動、会報発行が全体の大部分を占めています。

(2)収入は、新入生会費が563万円、利子収入が1万2,598円、計564万2,598円で、予算よりも9万2,598円増えています。

(3)支出では、事務局手当96万円、法文学部事務謝金5万円、交通費21万1,400円、三役会議・理事会・監査経費55万7,521円、新卒業生30万円、支部活動費173万9,675円、会報発行経費292万5,788円、事務経費22万5,766円、学部学生就職支援85万8,142円、渉外活動費12万円、雑費6万5,580円、計801万3,872円で、予算に対して28万9,572円多くなっています。これは昨年2月の理事会懇親会の支払いが今年度にずれ込んだことと、広島支部の支部援助金を2年分まとめて支払ったことによります。

(4)5月27日(火)に、高谷監事と畑中監事により監査を行いました。監査報告は別紙のとおりです。

→  承認されました。

3.2014年度の事業計画

(1)同窓会報は、同窓会員への大学紹介や会員相互の情報交流の場として、毎年1回の発行を行います。同時にホームページの充実を図ります。
(2)支部活動の活性化を重視し、会長・副会長・理事を中心に各支部総会へ出席するとともに交流を深めるとともに、支部長会議を開催します。
(3)8年目を迎える「提供講座」を充実させます。各分野の講師との交流を深めるだけでなく、現役学生とのつながりを広げます。
(4)同窓会名簿の精度を高めます。
(5)日常の活動強化の基本となる、明るく活発で民主的な理事会運営に努めます。
(6)法文学部の再編に合わせた同窓会活動の今後について検討します。

→  承認されました。

↑ページ上部に戻る