EUAA 愛媛大学校友会

  • HOME
  • 先輩学
  • 22限目:東温市役所-1 池川さん・梅崎さん・木村さん

センパイ学

22限目:東温市役所-1 池川さん・梅崎さん・木村さん

(★インタビューは2回に分けて掲載します。)

池川 綾子さん
 (2014.3月 法文学部総合政策学科 卒業)
 <現在:総務部総務課 広報広聴・男女共同参画係>
梅崎 孝之さん
 (2014.3月 工学部機械工学科 卒業)
 <現在:産業建設部建設課 用地管理係>
木村 滉樹さん
 (2018.3月 法文学部総合政策学科 卒業)
 <現在:総務部財政課 管財係>

日々,東温市がより輝く街になるように汗を流しています。

現在,どのような仕事を担当していますか。

<池川さん>「広報とうおん」を月に1回発行するため,取材をしたり,各課から原稿を集めて編集などをします。市のホームページ管理もしています。男女共同参画係でもあるので,市民の皆さんに向けた講演会や市役所内で女性の活躍を推進するため,研修の企画もしています。

▼続きを読む
<梅崎さん>建設課の用地管理係で働いています。市が管理している道路や水路の維持管理が主な仕事です。その中でも,工事の許可やそれに伴う交通制限の通知を出す仕事をしています。他にも市民の皆さんの道路に関する要望の対応をすることもあります。

<木村さん>財政課で管財係を担当しています。特に市庁舎の財産を管理しています。具体的にはコピー用紙など各課で必要な物品の注文や,市庁舎の補修・修繕などを担当しています。仕事の振り幅が大きいので最初は覚えるのが大変でしたが,最近は慣れてきました。

ページTOPへ

現在の仕事を選んだ理由・きっかけは何ですか。

<池川さん> 中学生の時に,新しい重信町役場(現在の東温市役所)が建ったのですが田んぼの中で光り輝く庁舎を見て,「かっこいいな,ここで働こう」と決めて「市役所で働く」と友達や先生に宣言をしていました。大学では行政法のゼミに所属し,行革甲子園などのイベントへ連れて行ってもらったこともあります。一番力を入れたのは香川県豊島の産業廃棄物を巡る問題の研究です。行政と住民,企業などの様々な人の声を聞く中で,住民の皆さんの声に真摯に向き合える行政の仕事にさらに魅力を感じました。

▼続きを読む
<梅崎さん> 僕は工学部機械工学科出身で,技術職で市の職員になる人が多いのですが,事務職側で入る人は少ないです。大学1,2年の時は何も将来のことを決めておらず,このままいくと工学系エンジニアの道に進むなという感じでした。ただ,自分が飽きっぽい性格だと自覚していたので,エンジニアになる自分にしっくりこないところがありました。それで,仕事が多岐に渡り,やりがいを感じるこの仕事を選びました。

<木村さん> 3回生になって,就活の話題が周りで出るようになった時に自分は何も考えていませんでした。とりあえず,自己分析から始めたのですが,自分は人一倍地元愛が強いということが分かり,その熱意を活かせる仕事は何だと考えた時に,東温市の市役所で働くことだと気付き,市の職員を目指すことを決めました。準備をしている中で庁舎に来ることもあったのですが,職員の皆さんがとても優しく,また生き生きと働いている姿を実際見て「やっぱりここで働きたい」と思うようになりました。

(写真左:池川さん)             (写真右:梅崎さん)

ページTOPへ

仕事をしていて楽しいこと・難しいことを教えてください。

<池川さん> 広報を1万2500部作って配布していますが,庁舎内だけでなく,市民の皆さんにも完成した広報の良かった点,悪かった点を言ってもらえることです。「写真がきれいだね」などと言ってもらえると嬉しいです。取材に行くことが多いので,色々な分野でキラキラと輝いている人に会えるのが楽しいです。

▼続きを読む
<梅崎さん> 一つ一つがケースバイケースで,現場を見てみないとどういった対応をすれば良いのかが分からない。一つ一つを頭で考えなければならないところにやりがいを感じます。今回の大雨(平成30年7月豪雨)でも土砂崩れが起こり,被害が出ました。急いで対応しなければならないので,大変ではありますが,やりがいはあります。

<木村さん> 市庁舎内の文具,水,電気など,気に掛けることが多いので大変です。電話で突発的に修理や注文を依頼されることもあるので,普段から緊張感があります。逆に対応がきっちりと出来て,市民の皆さんに庁舎が利用しやすいと言っていただいたり,職員からお礼を言われたりすると「役に立っているな」と実感できます。目立つ仕事ではないですがやりがいを感じます。

ページTOPへ

休日の過ごし方を教えてください。

<池川さん> あまり家には居ません。誘われたら基本的にはどこにでも行くので(笑) ボルダリングやしまなみ海道,日帰り旅行にも行きます。野球も好きで,上司と野球の話で盛り上がることもよくあり,年上の方から話しかけてもらえることも多いです。

▼続きを読む
<梅崎さん> デスクワークが多く体がなまりがちなので,最近はジムへ通ったり走りに行ったりして,土日のどちらかで体を動かすようにしています。そうすることで頭が切り替わるという面もあります。健康診断の結果があまり良くなかったので体を動かすことを意識しています。

<木村さん> 僕は地元が東温市ですので,東温市のお祭りなどの行事に参加することが多いです。ずっとここで育ってきたので,子供の頃から関わりのある方と一緒に活動しています。また,東温市はソフトボールのリーグがあり,ソフトボール熱がすごいです。僕も参加しているのですが,夜に試合があるときは「今日はソフトがあるので帰ります」と上司に言っても温かく送り出してくれます。ソフトボールの話題で職員と盛り上がることもあるので,そういったイベントには積極的に参加するようにしています。

ページTOPへ

東温市役所のPRをお願いします。

<池川さん> 東温市は県内では人口規模が小さい市です。その分,職員数もそこまで多くないので近い距離で上司と接することができます。同期が十数人なので,近い年代の人たちと課の垣根を超えて仲良く出来,若い職員は特に仲が良いです。
所属部署がワークライフバランスを推しているので,水曜日にノー残業デーがあるなど,休みがとりやすい職場でもあります。去年は友人と屋久島へ行きました。今年は市役所の仲の良い人たちと富士山へ行くことを計画しています。

▼続きを読む
<梅崎さん> 建設課の中で年齢的には一番下なのですが,優しく指導してくださる上司が多く居心地が良いです。今年度から建設課に異動となり,仕事内容がガラッと変わりました。役所の仕事は定期的に部署が変わるので色々な経験が出来,飽きないのでいつも新鮮な気持ちで仕事に取り組めます。

<木村さん> 市役所と聞くと,お堅いイメージ,職員が気難しくてマジメな人ばかりと思われるかも知れません。でも実際はそんなことはなく,話しかけてみると,気さくな方が多いので,仕事の悩みがあってもすぐに相談できます。仕事終わりに上司の方と遊んだり,食事に行ったりすることもしばしばあります。また,東温市役所にはメンター制度というのがあり,これは入庁3年以内の職員に先輩職員がついて,ケアをする制度です。職場のこと,それ以外のことを話せる先輩職員が新採の職員に付いてくれます。先輩に仕事の悩みから雑談までなんでも話すことができる機会があるので働きやすいです。

★このインタビューつづきは 東温市役所-2 へ

ページTOPへ