愛媛大学法文学部同窓会情報サイトです。

HOME>同窓会について>規約>規約2

規約2

法文学部同窓会 理事選出と理事会運営についての規程

第1条 この規程は理事選出と理事会運営について定めたものである。

 

第2条 理事の選出および補充については以下のとおりとする。
(1)「副会長、理事、事務局長は、理事会の定めた理事定数の範囲で正会員の互選により選出し、総会での承認を受ける。また理事とは別に監事2名をおき、総会で承認を受ける。任期は3年(総会決定後の1月1日から)とし、但し再任は妨げない。」(同窓会規約第9条)ものとする。
(2)理事の定数は、総会前の理事会にて次期理事定数を決定する。法学科系・経済学科系・文学科系それぞれ同数を原則とする。理事は理事会の推薦に基づき総会で承認を受け、会長が委嘱する。
(3) 定数を超える推薦があった場合は会長・副会長・事務局長(以下三役)で調整する。
(4) 任期中に理事が退任する場合は、申し出に基づいて理事会が承認し、「欠員が生じ会務に支障がある場合は、会長はこれを補充委嘱することができる。」(同窓会規約第11条)ものとする。
 

第3条 理事会運営については以下のとおりとする。
(1) 理事会は原則として年3回開催するものとし、必要ある場合は臨時理事会を開くことができるものとする。
(2) 選出されている理事に三役を加えて定数とし、理事会は過半数の出席を持って成立する。議決する場合は出席者の多数決で行う。
(3) 理事会を欠席する場合は「委任状」を提出できる。委任状は出席とみなす。
(4) 理事会の議長は会長が行い、提案は事務局長が行う。議案は事前に三役で準備する。

 

第4条 本規約の改正は総会出席者の過半数の同意を必要とする。
 

(附則)本規約は2006年11月11日よりその効力を発する。
  1、2015年11月28日(平成27年)総会にて一部改正

↑ページ上部に戻る