愛媛大学法文学部同窓会情報サイトです。

HOME>2009年度

2009年度

2009年度 第3回(通算第49回)理事会が下記の要領で開催されました。

新体制になって初めての理事会のため、新旧の理事が集まり、報告、審議の後、お弁当を食べながら親睦をはかりました。

 

2009年度 第3回(通算第49回)理事会

日時 : 2010219日(金)18:00

場所 : 愛媛大学朋友会館(職員会館)

出席 : 26

  

(内容)

1.会長あいさつ

2.理事紹介(新旧理事)

3.議長選出

4.報告事項(質疑応答)   ※下記参照

5.審議事項(質疑応答)   ※下記参照

6.写真撮影

7.懇親会

 

【報告事項】

1、50周年記念事業まとめ

除幕式 : 愛媛大学法文学部講義棟前 14001430

参加人数 37

総会・記念式典 : 全日空ホテル南館サファイアルーム 15301720

参加人数 180

記念講演 「坂の上の雲~子規とふるさと松山」

子規記念博物館館長 竹田美喜さん

レセプション : 全日空ホテル南館エメラルドルーム 17301930

参加人数 210

その他、DVD上映、記念品、決算報告がありました。

2、第12回総会開催

日時:20091031日(土) 1700

場所:松山全日空ホテル 南館サファイアルーム

11回総会以降の活動のまとめと時期の活動方針承認

同窓会会員数の動向、決算・予算報告など

役員改選

、同窓会提供講座終了

2010年2月3日(水)1800~ 法文学部長室で、司会を担当していただいた学生(5名)への感謝状贈呈式、反省会、懇親会(両学部長、学生など9名)などを行いました。

4、各支部総会

広島支部:200911141700からホテル東急イン(広島市中区)で、43名が参加して支部総会が開催されました。山田流筝曲:安達秀環さんの演奏や役員改選などが行われました。

四国支部:200910月1日、15名が参加して理事会および総会が開催されました。111213日には元朝日ヘリコプター㈱社長の森田正さんを囲む会、14日には森田さんの講演会が開催されました。

5、「同窓会報 第14号」編集委員会を開催

2010年2月4日(木)1830~ 第1回編集委員会

A4判、16頁、オールカラーで9月発行を予定しています。

 

【審議事項】

1、名簿発行について

前回(2009年9月11日)の理事会で保留となっていました。拡大三役会議では「冊子の名簿は当分発行しない」ということで意見が一致しました。名簿データの管理方法(支部へ提供するかどうかなど)については、愛媛大学他学部や松山大学温山会などの例を研究し、方向性を検討します。

→ 承認されました。

2、事務局用パソコン・コピー機購入について

名簿管理用のパソコンとコピー機が古くなり、このままでは、名簿データが消失してしまう恐れがあります。スムースな更新作業のためにも、新しいパソコン、コピー機の購入を検討します。同時に、パスワードによる管理など、外部漏洩を防ぐ対策を検討します。

→ 承認されました。

3、2010年度活動方針

1、今後の同窓会名簿のあり方について方向を明らかにしていきます。本部だけでなく、支部も活用しやすいデータベースの確立をめざし、他大学の例なども参考に、校友会や他学部の同窓会とも協議して進めます。

2、同窓会報は、同窓会員への大学紹介や会員相互の情報交流の場として、毎年1回の発行(910月を予定)を行います。また、ホームページとリンクさせます。

3、会員の日常の交流の場として支部活動の活性化を重視し、財政基準も含めて支援内容について充実を図ります。

4、「提供講座」「寄付科目」だけでなく、法文学部からの要請に応えて「教育・学生支援事業」への参加・参画を進めます。現役学生とのつながりを広げます。

5、日常の活動強化の基本となる、明るく活発で民主的な理事会運営に努めます。そのための必要な事務局体制も確立します。

→ 承認されました。

4、事務局体制と手当ての変更について

事務局を担当していた小林理事に代わって、後藤理事に事務局をお願いします。ホームページの開設に伴って、パソコン・携帯の同窓会HP管理業務が増えています。したがって、事務局員手当てを今までの月5万円から月7万円に増額します。経理関係を担当していた野嵜理事との役割分担および手当ては、以下のようになります。

後藤理事 ― 名簿管理・会報・企画関係・ホームページ関係                            月5万円

野嵜理事 ― 経理業務・連絡事務                                                              月2万円

→ 承認されました。

5、資産管理方法の一部変更について

田村・高谷両監事と、山本副会長・鳥生事務局長・野嵜理事(会計担当事務局)の5名による「管理関係の規定検討委員会」を設置して、案を検討し、次回の理事会で提案・決定する。

当面、「定期預金」関係は山本副会長が管理し(貸金庫保管)、日常の「入出金通帳」と「出納通帳」は鳥生事務局長と野嵜理事で管理する。「入出金通帳」と「出納通帳」の一本化も検討する。

→ 承認されました。

 20100219理事会

2009年度第1回(通算第47回)理事会報告

日時 : 2009年6月12日(金) 18:00~20:00
場所 : 愛媛大学朋友会館(職員会館) 出席者:26名
議題 :

【報告事項】

  1. 1.同窓会員 会員数報告 ( )内は前年
      2009年3月末日 卒業生 学部生:599(581)人、院生:26(35)人
      【2009年3月末卒業生内訳】
      総合政策学科 昼間主262(265) 夜間主128(122) 計390(387)
      人文学科   昼間主152(135) 夜間主57(59) 計209(194)
      法文学研究科 総合法政策10(16) 人文科学16(19)
      同窓会会員数 計16,770(16,171)人
      【内訳】文理学部19年(1953年~1971年) 2,222人
      法文学部37年(1972年~2009年) 14,548人
  2. 2.法文学部同窓会 50周年事業関係
      1)記念レセプション関係 
      2)会報「50周年記念誌」 編集委員会で準備中 
      3)名簿発行 
      4)時計台
  3. 3.09年度法文学部同窓会提供講座「社会と人間」開講について
  4. 4.5/17工業会総会、校友会、会長会議関係

【審議事項】

  1. 1.08年度決算の承認
     (1)収入579万4,564円(昨年573万8,007円、予算556万円)に対し、支出708万5,997円(昨年543万6,281円、予算700万円)となり、予算の▲144万円の赤字予算(50周年関係支出のため)に対し、▲129万1,433円の赤字となりました。
     (2)収入は、利子の増額もあって23万円4,564円予算超過です。
     (3)支出関係では、50周年関係で事務局費用50万円、会員名簿作成郵便30万円、会報増4ページ分約20万円、ホームページ関係5万円の計105万円程度が増加分となっています。通常の支出では、東京章光会総会参加者が増えて40万円予算に対し50万円に10万円程度超過した以外は、ほぼ予算どおりの執行となっています。
     (4)監査は、田村監事に加えて退任された光宗監事の推薦による高谷宗武さんにも加わっていただき、5月10日(日)と6月11日(木)の2回行いました。その際、以下の2点について要請されております。
     ①経理規程の中で、勘定科目や処理基準を定めると共に、監査規程も必要。
     ②預金管理に関しては、金額の関係で事務局長一人は責任が重過ぎる。内部牽制も含めて複数で管理する規模になっているので改善を求める。

  2. 2.09年度の事業計画 ~50周年記念事業を成功させます~
     (1)第12回総会(10/31⑦)と50周年記行事を成功させます。
     (2)50周年記念事業として会員名簿を発行します。
     (3)今年度の会報は「50周年記念誌」として増ページし、愛媛大学と同窓会歴史や現状を知り、交流し、読んで楽しい会報発行を進めます。
     (4)3年目を迎える法文学部同窓会提供講座「社会と人間」を成功させます。
     (5)次期の活動強化のために、法・文・経の出身学科だけでなく、老・壮・青、男女のバランスも考えて理事を選出し、明るく活発で民主的な理事会運営に努めます。そのための必要な規程の整備を進めます。
     (6)支部活動の活発化を重視し、財政基準も含めて支援内容について検討します。関東・関西・広島・四国支部からの代表者会議も開催し、お互いの活動や運営の交流を行います。
  3. 3.09年度予算の承認
     (1)通常の支出と50周年については分けて管理します。通常については、収入は580万円、支出は660万円で予算化します。▲80万円の赤字は学部への支援講座80万円分です。
     (2)収入では、新入生555人で555,0000円に利子収入250,000円を加えて580万円の収入が見込めます。支出では、支部代表者会議に各支部総会への参加費用で35万円が増額になるのと、パソコン・コピーで30万円予算化している以外は、ほぼ例年通りです。

理事会の様子

↑ページ上部に戻る