子規俳句カレンダーの作成エピソードをまとめました。


■■ 子規俳句デスクカレンダー作成裏話 ■■

  翻訳していただいた国際交流センターの田村七重さんに,今回のカレンダー作成についてのエピソードをお聞きしました。正岡子規の俳句がより身近に感じられる内容です。ご感想等ございましたら,こちらまでお寄せ下さい。
                                                → 校友会事務局 office@koyu.ehime-u.jp

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
1月
 
灯をけして元日と申す庵哉
  英訳の際に「 it's New Year's Day 」の位置について,自分の庵のみの正月であるか,それとも庵も外の世間一般も正月であるか,どちらの意味かで最後まで話し合った。最終的に後者の意味合いでこの位置に決まった。
 
putting out the light
in my hermitage , I say
it's New Year's Day
 
愛媛大学正門 (撮影:政岡孝)
 
1896年(明治29年)
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
2月
 
春浅く乳も涙も氷りけり
  「 悼幼児 」というタイトルがついた句。愛弟子の子供が亡くなったという背景がある。日本語で見ると,寒さで母乳が凍っただけではないというのがわかるが,英訳では「 bereaved 」(愛する者を亡くした)「 mother 」という2語がないと成り立ちにくい。
 
early spring
the bereaved mother's milk and tears
have frozen
 
石手寺 (撮影:政岡孝)
 
1900年(明治33年)    
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
3月
 
雛あらば
娘あらばと思ひけり
  有名な句で英訳も多いため,同じ訳にならないよう苦労した。アメリカにはひな祭りという習慣がないため,春のひな祭りの頃に,おひな様があればなあ,娘があればなあ,という感じがわかりにくい。それで,「 the Doll's Festival 」という語を入れている。
 
wishing I had hina-dolls
wishing I had a daughter
the Dolls'Festival
 
卒業式 (撮影:愛媛大学広報室)
 
1897年(明治30年)   
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
4月
 
花散りて
人の眠たき卯月かな
  「 人の眠たき 」というのは,花は散るがとても満ち足りた,という感じがする。政岡孝氏の撮影による桜と青い鳥のこの写真が作品のもつイメージとぴったり合っている。
 
the blossoms fallen
people feel sleepy
April
 
桜とオオルリ (撮影:政岡孝)
 
1894年(明治27年)
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
5月
 
五月雨や
小さき虫落つ本の上
  五月雨がしていて,自分の読んでいる本の上に虫が落ちてきた,という大学のカレンダーにふさわしい句である。とても分かり易い句でイメージしやすいため,訳もつけやすかった。
 
May rain
a small bug drops
onto my book
 
章光堂 (撮影:政岡孝)
 
1898年(明治31年)
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
6月
 
國なまり
故郷千里の風かをる
  これも有名な句。常磐会寄宿舎でたびたび開いていた”松山会”で「 國なまり 」を聞いた子規がたくましさや力強さを感じ,「 故郷千里の風かをる 」とふるさとを懐かしんでいる。写真は暑い中,学生が頑張っている様子がでているものを選んだ。
 
that dialect! i
t has the fragrance of a breeze
from my distant homeland
 
工学部前 (撮影:政岡孝)
 
1893年(明治26年)
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
7月
 
君を送りて
思ふことあり蚊帳に泣く
  「 君 」というのは,友人である秋山真之氏のこと。米国留学の報告に訪れた真之氏が帰った後,病床についている子規が「自分が行きたかった。」「よくぞ決めてくれた。」等色々と思うことがあり,泣いたことを詠んだ句である。
 
after seeing you off
thoughts inside the mosquito net
make me cry
 
道後駅夕暮れ (撮影:政岡孝)
 
1897年(明治30年)
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
8月
 
夏川や
吾君を負ふて渡るべし
  ”夏川”というタイトルでいくつか詠んでいる句の一つ。中学生の頃,重信川に3人で遊びに行き,一番年下の自分が残りの二人を背負って川を渡した,という楽しい想い出を詠んでいる。
 
the sumer river
I'll cross it with you
on my back
 
ボランティア (撮影:愛媛大学広報室)
 
1896年(明治29年)
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
9月
 
夕月や
怒濤岩をうつて女立つ
  この句に関しての資料が全くないため,場所等詳しいことが何も分からない。「 怒濤岩 」「 女立つ 」という語から,力強さを感じさせる。白方先生(選句者)は女子学生へのエール,または女性全般へのエールにこの句を選ばれたのかもしれない。
 
evening moon
waves crash against the rocks
where a woman stands
 
しまなみ (撮影:政岡孝)
 
1896年(明治29年)
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
10月
 
松山や秋より高き天守閣
  松山へ帰省した際に作られた句で,「松山城」というタイトルがつけられている。天守閣は写真撮影時,改修中で囲いがしてあり撮れなかった。そのため,攻められても破りにくい作りである,力強い太鼓門を選んだ。
 
Matsuyama
the castle's tower rises higher
than autumn
 
松山城 (撮影:政岡孝)
 
1891年(明治24年)
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
11月
 
ほろほろと
ゐろりの木の葉もえてなし
  日記のように綴られた「病床六尺」の中の句で,旧暦9月8日につくられたもの。この作品は英語俳句にも,この句の持つ優しい雰囲気が出しやすかった。後半部分の「 fall apart 」という言い回しは,俳人であるフーベル氏ならではのすばらしい表現である。
 
in the fireplace
burning leaves slowly fall apart
and are gone
 
城北キャンパスの秋 (撮影:愛媛大学広報室)
 
1897年(明治30年)
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
12月
 
行く年の
我いまだ老いず書を読まん
  まさに生涯学習。自分の命がもう長くないと知り,その年末に作られた句。「 我いまだ老いず 」からは子規の強い想いが感じられる。写真は,石鎚天狗岳の一瞬をカメラに収めるために,政岡氏が朝早くから苦労して撮られた作品。
 
the passing year
still wanting to read books
I don't grow old
 
石鎚山 (撮影:政岡孝)   1896年(明治29年)  
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
※ 12月の石鎚山の写真は 「彩峰」 (さいほう) というタイトルがつけられ,
校友会事務局に展示してあります。 お気軽にお立ち寄りください。